発祥の地bannar
大麻生小学校発祥の地
 [おおあそうしょうがっこうはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
埼玉県熊谷市大麻生
コメント
秩父鉄道・大麻生駅から 北西に400m。
国道140号の旧道の北側に 真言宗の寺 宝蔵寺があり, その門前に 台形状の茶色の石碑が建っている。

1880(明治13)年 ここ宝蔵寺を校舎として「大麻学校」が設立された。
その後「尋常大麻学校」「大盛尋常小学校」「大麻生尋常小学校」「大麻生村立大麻生国民学校」の 名称を経て, 1941(昭和16)年 大麻生村と熊谷市との合併に伴い「熊谷市立大麻生国民学校」と改称された。
1947(昭和22)年 学制改革により「熊谷市立大麻生小学校」となり, 現在に至る。 現在地は 宝蔵寺の東約1km。

撮影日
2008年1月
碑文
大麻生小学校発祥の地

 明治十三年十月三日開校
    熊谷市長  黒田海之助書

   大麻生小学校開校百年祭実行委員会
      昭和五十五年十月建之

大麻生小学校発祥の地碑 宝蔵寺
大麻生小学校発祥の地 碑
宝蔵寺

移転先 http://840.gnpp.jp/oasoshogakko/