発祥の地bannar
大阪女子大発祥の地
 [おおさかじょしだいがくはっしょうのち]


場所
大阪市住吉区帝塚山東2丁目
コメント
南海電鉄高野線の帝塚山駅から東に400m。
万代池公園の北側に老人ホームがあり,その北側の空き地に「発祥之地・大阪府女子専門学校・大阪女子大学」と刻まれた石碑が建っている。

「大阪女子大学」は,1924年に設立された「大阪府女子専門学校」を前身とする。公立の旧制専門学校で,公立としては福岡県立に次ぐ 2番目に古い女子専門学校であった。戦後学制改革によって 「大阪女子大学」となったが,2005(平成17)年に府立大学の統合・再編計画によって,「大阪府立大学」に統合された。

大阪女子大学の沿革
1924年大正13年大阪府東成郡天王寺村に大阪府女子専門学校が開校
1925年大正14年大阪市住吉区帝塚山に移転
1949年昭和24年大阪府女子専門学校を母体に大阪女子大学が発足
1976年昭和51年堺市大仙町に移転(大仙キャンパス開設)。
2005年平成17年府立大学の統合・再編に伴い,(旧)大阪府立大学,大阪府立看護大学を統合して大阪府立大学となる。大阪女子大学としての学生募集を停止。
2007年平成19年大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(堺市中区)へ移転。

帝塚山校舎の旧図書館は,2004(平成16)年より大阪府公文書館として利用されていたが,公文書館は 2011(平成23)年に大阪府庁本館に移転して,現在は更地になっている。その他の用地は老人ホームに転用された。

撮影日
2012年7月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
発祥之地
  大阪府女子専門学校
  大阪女子大学

  「われら集ひし」学舎52年のあゆみ
「大阪府女子専門学校」は実業家山田市郎兵衛氏の篤志をうけ,1924(大正13)年4月1日大阪府関係者の熱意により開校が実現した。全国第2番目の公立女子専門学校である。
 1949(昭和24)年4月1日,教育改革により「大阪女子大学」となる。
 1976(昭和51)年に大仙学舎へ移転するまでの52年間女子高等教育の拠点として大きな役割を果たした。この学舎での卒業生は6641名。広く社会に貢献する多くの人材を輩出している。
      2007(平成19)年6月1日
               大阪女子大学斐文会

 
大阪女子大発祥の地 碑
大阪女子大発祥の地 碑
同・裏面
同・裏面