発祥の地bannar
大阪市立大学発祥の地
 [おおさかしりつだいがくはっしょうのち]


場所
大阪府大阪市西区立売堀2丁目
コメント
大阪市営地下鉄 中央線・千日前線の阿波座駅から 南東に400m。
市立明治小学校の南に隣接して「阿波座南公園」がある。公園の南西隅にある 「明治会館」の入口脇に「大阪商業講習所跡」と刻まれた石碑と 説明板が建っている。

「大阪商業講習所」は 1880(明治13)年に, 東京に次いで 2番目の商法学校として, 五代友厚ら大阪財界有力者によって創設された。 その後 1889(明治22)年に大阪市制の発足に伴い「市立大阪商業学校」と改称。 さらに「市立大阪高等商業学校」「大阪商科大学」(日本最初の市立大学)を経て, 1949(昭和24)年. 大阪市立都島工業専門学校・大阪市立女子専門学校と統合して 新制大学 「大阪市立大学」となった。

撮影日
2006年10月
碑文[1]
大阪商業講習所跡

明治十三年 新しい商業の学問の必要を感じた 五代友厚ら先覚の町人によって開設され現市立 大学の発祥となった
     市制施行七十周年記念
       昭和三十六年三月 大阪市建立

碑文[2]
大阪商業講習所跡

 大阪商業講習所は, 商業の 町大阪に商業学校がなかった ことから, 商業教育機関の必要 を感じた五代友厚らによって明治 十三年この地に開設された。
 この講習所は, 翌明治十四年には 大阪府の管理となったが, のち市立 大阪高等商業学校・大阪商科 大学・大阪市立大学へと発展した。


 
大阪商業講習所跡碑 阿波座南公園
大阪商業講習所跡 碑
阿波座南公園