発祥の地bannar
六甲小学校発祥の地
 [ろっこうしょうがっこうはっしょうのち] 


場所
兵庫県神戸市灘区八幡町2丁目
コメント
阪急電鉄・六甲駅の西 100mの線路際に「梅仙寺」がある。 寺の山門横に「六甲八幡発祥の寺」という碑と並んで「六甲小学校発祥の地」の碑が建っている。

六甲小学校は, 1886(明治19)年に ここ梅仙寺を臨時の教室として創立された「八幡小学校」に始まる。
3年後に 六甲村立となり, その後「八幡尋常小学校」「六甲尋常小学校」「六甲尋常高等小学校」と改称。 1929(昭和4)年 六甲村の神戸市編入に伴い「神戸市立六甲尋常小学校」となる。 さらに「神戸市立六甲国民学校」を経て, 1927(昭和22)年に「神戸市立六甲小学校」と改称された。
現在の六甲小学校は 梅仙寺より南西に300m(神戸市灘区八幡町)にある。

撮影日
2006年10月
碑文
六甲小学校発祥の地

  1986 創立百周年記念

六甲小学校発祥の地碑 梅仙寺
六甲小学校発祥の地 碑
梅仙寺