発祥の地bannar
佐賀龍谷学園発祥地
 [さがりゅうこくがくえんはっしょうち]


場所
佐賀市呉服元町
コメント
JR長崎本線の佐賀駅から南南東に1.2km。
大財通りの“大財橋”交差点から南側は多数の寺が集まった寺町になっているが、その一角に浄土真宗の寺・願正寺がある。参道を入ってすぐの所に「振風教校跡・佐賀龍谷学園発祥地」と刻まれた黒御影石の石碑が建っている。

佐賀龍谷学園は、佐賀市にある龍谷高等学校・龍谷中学校を運営する学校法人。浄土真宗の教えを建学の精神とする。

京都西本願寺の第21代門主・明如が浄土真宗教学を振興し青少年を育成するために、新しい学校制度を促進した。その一環として佐賀県においても県内の真宗寺院が共同して、願正寺内で学校が発足。
最初は「振風教校」と名付けられ、やがて生徒数が増えたため、明治36年に、現在の水ヶ江の地に移転した。その後明治41年4月からは私立龍谷中学校として新たなスタートを切った。

校名の“龍谷”は、初代校長(=願正寺第11代住職)が京都・大谷本廟に詣でた折、“龍谷山”という山号の扁額を見て決めたという。
この“龍谷”の校名は、その後京都の龍谷大学(1922=大正11年命名)以来、旭川龍谷高校・札幌龍谷高校など、真宗関係の多くの学校に付けられたが、佐賀だけは“佐賀”の地名を入れず「龍谷中学」「龍谷高校」と称している。

1878年明治11年佐賀県真宗寺院の共同により「振風教校」として願生寺内に開校。
1900年明治33年「西肥仏教中学」と改称
1902年明治35年「第五仏教中学」と改称
1903年明治36年現在地(佐賀市水ヶ江3丁目)に移転
1908年明治41年「龍谷中学校」と改称
1948年昭和23年新制中学校を併設し、新制「龍谷高等学校」「同中学校」となる。
財団法人佐賀龍谷学園に組織変更。
1951年昭和26年学校法人佐賀龍谷学園に組織変更
1961年昭和36年男女共学となる
1997年平成9年中高一貫となる

発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

撮影日
2015年3月 (写真提供 まさ・なち さん)
碑文
振風教校跡
  佐賀龍谷学園発祥地

  創立百周年記念
  昭和五十三年五月二十一日建之


 
佐賀龍谷学園発祥地碑
佐賀龍谷学園発祥地碑
願正寺
願正寺
(左下に発祥碑が見える)


移行しました http://840.gnpp.jp/saga-ryukokugakuen/