発祥の地bannar
西海学園この地にはじまる
 [さいかいがくえんこのちにはじまる]


場所
長崎県佐世保市八幡町
コメント
松浦鉄道西九州線の北佐世保駅から南東に800m。
佐世保市役所の北東端,国道に面して2本の石碑が建っている。一つは「西海学園この地にはじまる」,もう一つは「県立商業学校ここに興る」。

西海学園は佐世保市内にある高等学校。1924(大正13)年に海軍を退役した菅沼周次郎によって「西海中学」として創設された。海軍式の厳格な規律を基本にした高等教育を推進したという。
戦後は学校法人「西海学園」となって,男女共学の「西海学園高等学校」と改称。一時は 造船を基幹産業とする佐世保市のニーズに応えて,普通科の他に造船科が併設されていた。

沿革
1925大正14年 佐世保市八幡町(現・市役所)に「西海中学校」開校
1928昭和 3年 佐世保市春日町(現在地)に新校舎を竣工し移転
1948昭和23年 新教育制度にともない「西海学園高等学校」と改称,男女共学となる。普通科・造船科を併設。
1951昭和26年 商業科を設置
1963昭和38年 西海学園中学校を開校
1972昭和47年 西海学園中学校を閉校
1980昭和55年 造船科を廃止
1992平成 4年 商業科を情報ビジネス科と変更

撮影日
2011年10月
碑文
西海学園この地にはじまる
   昭和五十年三月五日
   創立五十周年記念 西海学園同窓会建之

 
西海学園この地にはじまる 碑 佐世保市役所
西海学園この地にはじまる 碑(左)
(右は県立商業学校 の碑)
佐世保市役所