発祥の地bannar
仙台育英学園発祥之地
 [せんだいいくえいがくえんはっしょうのち] 


場所
宮城県仙台市青葉区中央2丁目
コメント
JR仙台駅の北西約800m。錦町公園の北入口のすぐ脇に 横長の自然石の石碑が建つ。

仙台育英学園は, 高校と中学(秀光中等教育学校)を傘下に持つ学校法人。
高校は 仙台市宮城野区と多賀城市にキャンパスを持つ。スポーツが盛んで, 東北地方では 東北高等学校と並んで甲子園出場常連校として知られる。

1905(明治38)年 学園創立者・加藤利吉氏が私塾「育英塾」を設立。
1922(大正11)年 「私立仙台育英中学校」となる。
1948(昭和23)年 学制改革により「仙台育英学園高等学校」と改称。 法人「仙台育英学園」を設立。
1949(昭和24)年 宮城野区に校舎新築, 移転。
1996(平成8)年 「仙台育英学園秀光中学校」開校した。

撮影日
2006年10月
碑文
仙台育英学園発祥之地

我が学舎に栄光あれ
  学校法人 仙台育英学園発祥之地

創立者加藤利吉先生生誕90年
仙台育英学園創立67周年記念
  昭和47年(1972年)4月吉日建之
    仙台育英学園理事長 加藤昭
    同父母教師会会長  板橋勝雄
    同同窓会会長    斉藤温

仙台育英学園発祥之地地碑 錦町公園
仙台育英学園発祥之地 碑
錦町公園