発祥の地bannar
松蔭女子学院発祥の地
 [しょういんじょしがくいんはっしょうのち]

場所
兵庫県神戸市中央区北野町1丁目
コメント
山陽新幹線の新神戸駅から 南東に800m。
異人館が建ち並ぶ北野町を東西に貫く“北野通り”から 南に下る“不動坂”が分岐する地点の歩道上に, 黒御影石で造られた発祥碑が建っている。

「松蔭女子学院」は, 現在の「神戸松蔭女子学院大学」の前身である。
1892(明治25)年, 英国聖公会によるミッションスクールとして「松蔭女学校」がこの地に創立された。 当時の授業内容は 英語と洋裁が中心だったという。
1915(大正4)年に「松蔭高等女学校」, 1947(昭和22)年には「松蔭女子専門学校」と改称。
1950(昭和25)年 学制改革により「松蔭短期大学」となり, キリスト教科・英文学科が置かれた。 その後「松蔭女子学院大学」が新設され, 「松蔭短期大学」は「松蔭女子学院短期大学」と改称された。
1980(昭和55)年 現在地(神戸市灘区篠原伯母野山町)に新校舎を建設, 移転。 1995(平成7)年 「神戸松蔭女子学院大学」「同 短期大学」と校名を変更し, 現在に至る。

なお, 神奈川県厚木市に「松蔭大学」があってまぎらわしいが, 関係はない。

撮影日
2008年5月
碑文
松蔭女子学院 発祥之地
  1999 建立

     THE SCHOOL
      UNDER
  THE SHADE OF THE PINES

 松蔭女子学院は, 1892年(明治25年) に, 英国聖公会の伝道機関である S.P.G. (Society for the Propagation of the Gospel in Foreign Parts ... 現在の U.S.P.G.)の宣教師 (後に主教となる) Hugh James Foss 師らに よって, 女性宣教師 Miss H. M. Birkenhead を責任者として創設された。
 松蔭という名称は, 謹み深さと貞節を表 わす松の木蔭に学ぶ乙女たちをイメージ したものであるといわれる。

松蔭女子学院発祥の地碑 北野通り・不動坂
松蔭女子学院発祥の地 碑
北野通り・不動坂