発祥の地bannar
下栗小学校発祥之地
 [しもぐりしょうがっこうはっしょうのち]


場所
茨城県下妻市下栗
コメント
関東鉄道常総線の宗道駅から北東1.6kmに,曹洞宗の寺・法光寺がある。 寺に入るとすぐ右に地蔵や板碑を集めた一画があり,その中に「下栗小学校発祥之地」と刻まれた石碑がある。

1872(明治5)年に学制が発布され,小学校の設置が義務づけられたため,その後数年の間に 全国に2万もの小学校ができた。草創期の小学校は 寺院の本堂を校舎に利用することが多く,当地区においても,後に大形大形小学校・蚕飼小学校などの前身となる学校がそれぞれの地域のの寺院を校舎にして開設された。 1874(明治7)年には ここ法光寺に「下栗学校」開設されて,1888(明治21)年には「下栗小学校」となった。

1889(明治22)年に町村制が施行され,大形村・宗道村・蚕飼村・玉村が誕生し,“一村一小学校”の規則により,宗道村の「下栗小学校」は「宗道尋常小学校」となり,1892(明治25)年に 法光寺の西方に移転。1923(大正12)年には 下妻市本宗道 (現在の宗道小学校の位置)に移転した。
その後「宗道高等尋常小学校」「宗道国民学校」の名称を経て,1947(昭和22)年に「宗道村立宗道小学校」と改称。
1955(昭和30)年町村合併により「千代川村立宗道小学校」となり,2005(平成17)年に 下妻市に合併したことにより「下妻市立宗道小学校」と改称して,現在に至っている。

撮影日
2010年1月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
下栗小学校発祥之地

茨城県下総国豊田郡下栗村 明治二十一年
  平成二年四月建立  ■■■■■
       寄贈者     ■■     (■の文字読取り不能)

  当山 二十五世   祖龍代建之

 
下栗小学校発祥之地碑
 下栗小学校発祥之地 碑
法光寺
 法光寺