発祥の地bannar
下目黒尋常小学校創立之跡
 [しもめぐろじんじょうしょうがっこうそうりつのあと] 


場所
東京都目黒区下目黒3丁目
コメント
JR山手線・目黒駅の南西 約800m。 山手通りの“羅漢寺”と“大鳥神社”のほぼ中間に, 山手通りに面して「蟠龍寺(ばんりゅうじ)」 という 浄土宗の寺がある。
細長い参道を 100mほど西に進むと 一番奥に本堂, その前に 庫裏と池があって, 池脇のに植込みの中に ほとんど草むらに隠れるように, 高さ1メートル足らずの小さい石碑が建っている。
碑は かなり風化しており, 文字を読み取るのが大変難しい。

目黒区は 江戸時代初期から 三田・上目黒・中目黒・下目黒・碑文谷・衾 の6か村に分かれていて, これがそのまま明治時代に受け継がれ, 1878(明治11)年からは 東京市荏原郡に属することになった。 6か村が 目黒村・碑衾村の2村に統合されたのは 1889(明治22)年。 これが合併して 目黒区になったのが 1932(昭和7)年のことである。

目黒区で最初の小学校は 八雲小学校(1874=明治7年), その後 菅刈小学校に続いて, 1878(明治11)年に 目黒区で3番目の小学校として 下目黒(尋常)小学校が ここ蟠龍寺に設立された。
その後 国民学校時代を経て, 1947(昭和22)年に 目黒区立下目黒小学校となり, 現在に至る。

撮影日
2006年4月
碑文
下目黒尋常小学校創立之跡

  創立五十周年記念事業協賛会
    昭和三年十一月建之

下目黒尋常小学校創立之跡碑 蟠龍寺本堂
下目黒尋常小学校創立之跡 碑
蟠龍寺 本堂