発祥の地bannar
新湊町立甲種商船学校発祥の地
 [しんみなとちょうりつこうしゅしょうせんがっこうはっしょうのち]


場所
富山県射水市八幡町3丁目
コメント
万葉線・中新湊駅から北東に400m。
市立奈古中学校の一番西側の門の外側に 「新湊町立甲種商船学校発祥の地」と書かれたシンプルな石碑が建っている。

明治新政府は わが国の海運の確立のために船員の養成が急務であるとして, 1875(明治8)年 当時の三菱会社に命じて“三菱商船学校”(後の東京商船大学)を設立。
その後 各地に公立・私立の商船学校などの船員養成学校が設置されていった。
1899年(明治32)年に制定された“実業学校令”によって商船学校が設置されることになった。 これによると,商船学校には 甲種と乙種の区別があり,甲種は修業年限3年,乙種は2年であった。

「新湊町立新湊甲種商船学校」も実業学校令に基づく商船学校の一つで, 1906(明治39)年に 町立の学校として設立され, 1909(明治42)年に 富山県に移管され「富山県立商船学校」となった。
1939(昭和14)年になって 文部省に移管されて「富山商船学校」, 戦後 1951(昭和26)年に 「富山商船高等学校」となり, 2004(平成16)年に 独立行政法人国立高等専門学校機構に属することになり「富山商船高等専門学校」となった。

(船員教育関連項目)  船員教育発祥の地  
  商船教育発祥之地  

撮影日
2009年8月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
新湊町立甲種商船学校発祥の地

  富山商船高等専門学校
      創立百周年記念碑
          平成十八年七月三日建立


 
新湊町立甲種商船学校発祥の地碑
新湊町立甲種商船学校発祥の地 碑