発祥の地bannar
曽我自修学校発祥の碑
 [そがじしゅうがっこうはっしょうのち] 


場所
神奈川県小田原市上曽我
コメント
JR御殿場線の下曽我駅 から北西に約1キロの地点に, 曹洞宗の寺 瑞雲寺 がある。 寺の入口を入ってすぐ左側に, 大きな石碑と 説明板が建つ。

曽我は小田原市北東部の地区にあって, かつては“曽我庄”と呼ばれ, 仇討ちで有名な“曽我の五郎・十郎”が育った場所である。兄弟の墓など 多くの 史跡が残されている。

また この地は 梅の名所としても有名。 ここの梅は 梅干用の梅の実を採るために植えられたもので, 中河原・原・別所の各梅林には 約3万5千本の梅があり, 毎年2月頃になると 梅見の客で賑わっている。

撮影日
2005年6月 
碑文
自修学校発祥の地
  第一回卒業生 下沢英俊

自修学校は明治43年7月校長大井龍跳先 生に依って此の地に創立され大正15年瑞 雲寺東方台上に移り後湘北中学校湘北高 等学校向上高等学校と改名発展した本校に学 んだ多くの青年は質実で剛健且つ積極性に富み夫々 の職場に或は郷土に於ける中心人物となり常に発 展の先駆者となった此の度創立70周年を記念して 母校発祥の地を後世に伝うべく此の碑を建てた
    昭和56年2月11日
      自修学校在学者有志一同

(説明板)
    曽我自修学校発祥の碑
 明治時代, 小学校の制度は全国的に普及し たものの, それより上級の進学は不可能に近 い状況が多かった。瑞雲寺21代龍跳(りゅうちょう)和尚は, この不備を救うため寺の本堂でこの地域の青 年を教導し, やがて明治43年, ここで校舎 の建設に着工した。自修学校と称し, 落成は, 大正2年2月であった。教科は修身・国語・ 漢文・英語・数学(代数・幾何)・珠算など, 後の旧制中学校3-4年程度を教えたという。
 大正15年, 規模を拡大するため東方の台 地上に移転し, 後に校名は湘北中学校・湘北 高等学校・向上高等学校と改名した。明治・ 大正・昭和にわたり, この私学の果たした地域 への貢献はまことに大きかった。
          小田原市教育委員会


 
自修学校発祥の地碑 瑞雲寺 本堂
自修学校発祥の地 碑
瑞雲寺 本堂