発祥の地bannar
高部小学校発祥の地
 [たかべしょうがっこうはっしょうのち]


場所
静岡県静岡市清水区大内
コメント
JR東海道線の草薙駅から 北に3km。
北街道(県道67号)の“大内観音入口”バス停の1ブロック東の交差点から 北西に向かい 約500m先に 曹洞宗の寺・保蟹寺(ほうかいじ)がある。
寺の山門前に「高部小学校発祥の地」という大きな石碑が建っている。
現在の「静岡市立清水高部小学校」が開校された場所である。

明治初めの学制発布を受けて,1874(明治7)年に 保蟹寺で行なわれていた寺子屋を大内村立の「貞教舎」として開校。
1885(明治18)年に 近隣の「千之舎」と合併して「村立小学龍南学校」が設立され,新校舎に移転した。
その後「龍南尋常小学校」「高部尋常小学校」と改称。
1903(明治36)年,押切の現在地に校舎を新築して移転。
さらに「高部村国民学校」を経て,1947(昭和22)年「高部村立高部小学校」となり, 1954(昭和29)年に 高部村が清水市に併合されたため 「清水市立高部小学校」と改称。 2003(平成15)年に 清水市と静岡市の合併により「静岡市立清水高部小学校」となり,現在に至っている。
現在の清水高部小学校は 清水区押切(保蟹寺より 東に600m)にある。

撮影日
2009年5月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
高部小学校発祥の地

明治五年全国に小学校を設けることがきまり,明治七年 七月二十九日この地に「貞教舎」という学校がたてられた。 これが 高部小学校のはじまりである。押切 大内新田 能島 大内 鳥坂の児童が学んだ。翌八年四月には 梅 ヶ谷 二本松に「千之舎」がつくられた。十八年五月この 二つを合併して大内 山根に「竜南小学校」を開校 のち 「竜南尋常小学校」さらに二十二年高部村の発足に伴い 「高部尋常高等小学校」と改めた。児童数が多くなった ので三十六年四月いまの場所に移り その後「高部国民 学校」「高部小学校」と変り創立以来百十年を数えるに いたる。
    昭和六十年二月一日建之
        大正九年高部小学校      石原 郁
          入学者の会 双柳会代表  生子力蔵


 
高部小学校発祥の地碑
高部小学校発祥の地 碑