発祥の地bannar
鷹巣農林高等学校発祥の地
 [たかのすのうりんこうとうがっこうはっしょうのち]


場所
秋田県北秋田市七日市字中岱
コメント
JR奥羽本線・鷹巣駅から南に7km。
市立鷹巣南小学校の敷地の外れ,南側の空き地脇に写真に示す石碑が建っている。
この碑は 1989(平成元)年に 学校創立80周年記念として 発祥の地・七日市に建立された。

鷹巣農林高校は,1909(明治42)年に「郡立農林学校」として創立された。
1913(大正2)年 郡立学校は廃止され「秋田県立農林学校」に生まれ変わり, 現在地(北秋田市伊勢岱)に新校舎建設して移転。
1926(大正15)年 「秋田県立鷹巣農林学校」と改称。
1948(昭和23)年 学制改革にともない「秋田県立鷹巣農林高等学校」と改称。
1950(昭和25)年に 町立鷹巣高等女学校を併合して 普通科を有する総合制高等学校となったが,
1967(昭和42)年,普通科は 秋田県立鷹巣高等学校 として分離独立し,再び単独農林高等学校となり 現在に至っている。

撮影日
2008年10月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
秋田県立鷹巣農林高等学校
   発祥の地

     旧制三十一期卒業生九島武雄謹書

  秋田県立鷹巣農林高等学校の歩み
明治四十二年三月(1909年)
  北秋田郡立農林学校として設立認可される
同年 五月
  郡立農林学校開校式(小学校で授業開始)
同年 十一月
  旧七日市村民の,教育に対する熱い思いと
  期待を込めた新校舎が,この地に落成
大正元年十二月(1912年)
  秋田県議会が県立移管旧鷹巣町移転を可決
大正二年九月
  鷹巣町伊勢岱の現在地に校舎落成
    平成元年十月十四日  建立
    創立八十周年記念事業実行委員会
      実行委員長 出川禮一
      学校長   新田博


鷹巣農林高等学校発祥の地碑
 鷹巣農林高等学校発祥の地 碑