発祥の地bannar
群馬県立高崎高等学校発祥之地
 [ぐんまけんりつたかさきこうとうがっこうはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
群馬県高崎市赤坂町
コメント
JR信越本線の北高崎駅から南に800m。
国道29号“本町1丁目”交差点から西に150mのところに,曹洞宗長松寺がある。 寺の山門の手前右手の 植え込みの陰に, 表面に 福田赳夫・元首相の揮毫になる「群馬県立高崎高等学校発祥之地」の文字が刻まれた, 高さ1.5mほどの自然石の石碑が建っている。

1897(明治30)年,ここ長松寺を仮校舎として,「群馬県尋常中学校群馬分校」が開設された。 これが 高崎高校の起源である。
1900(明治33)年「群馬県高崎中学校」として独立。1938(昭和13)年 現在地(高崎市八千代町)に校舎を新築して移転。
1948(昭和23)年 戦後の学制改革により「群馬県立高崎高等学校」と改称して 現在に至る。

石碑の題字を書いた 福田赳夫・第67代総理大臣は 旧制高崎中学校の卒業生。 他に 中曽根康弘・第72代総理大臣も 同校出身である。

撮影日
2008年10月
碑文
群馬県立高崎高等学校発祥之地
       内閣総理大臣 福田赳夫

(裏面)
群馬県立高崎高等学校は 明治30年4月11日
当長松寺に於て群馬県尋常中学校群馬分校として
誕生す 茲に創立八十周年を迎えその由緒を記す
      昭和五十二年六月一日
          群馬県立高崎高等学校長 中野敏宗
          長松十一世敬吾代

(※表面 「群」の字は「馬」「羊」がたてに分離して書かれている)


 
群馬県立高崎高等学校発祥之地碑 長松寺
群馬県立高崎高等学校発祥之地碑
長松寺 石標と山門

移転先 http://840.gnpp.jp/takasakikotogakko/