発祥の地bannar
拓殖大学第一高等学校誕生の地
 [たくしょくだいがくだいいちこうとうがっこうたんじょうのち] 


場所
東京都小平市花小金井1丁目
コメント
西武新宿線・花小金井駅の北 200m。新しく出来た「小平市東部市民センター」の入口前に 写真の石碑が建っている。

この地にはかつて 拓殖大学第一高等学校があり, 2005年3月に 西武拝島線・玉川学園駅 近くに移転した。
その跡地には, いなげや(スーパー)・ロイヤルパークス花小金井(マンション)・ 小平市東部市民センター(市役所出張所・図書館・集会室など)が建設され, 大きなコミュニティスペースが形成された。

撮影日
2006年6月
碑文
拓殖大学第一高等学校 誕生の地

[拓殖大学予科」移転開校:この地で始まる
Takushoku University Daiichi High School was founded here.

【この地での沿革】

昭和15(1949)年 4月拓殖大学予科, 茗荷谷よりこの地に移転開校
昭和20(1945)年11月大学名を紅陵大学と改称
昭和23(1948)年 3月学制改革により, 予科を大学に改編し, 茗荷谷へ移転
紅陵高等学校(新制)として設立認可
昭和23(1948)年 4月予科移転後の校舎等を活用し紅陵高等学校として開校
昭和25(1950)年 4月正明中・高等学校と改称
昭和27(1952)年11月大学名を拓殖大学に戻す
昭和36(1961)年 8月拓殖大学第一高等学校と改称

【昭和15(1940)年4月 拓殖大学予科開校以降 〜 平成16(2004)年3月 玉川上水に移転まで】

この記念碑は, 拓殖大学予科の移転開設から数えて64年間の長きにわたり このまちの発展とともに歩んできた本校が, 小平市とUR都市機構が行う 新たなまちづくりに協力し, この地を離れるにあたって, その記念として設置するものである。

    「ありがとう花小金井」      平成18年5月

拓大一高誕生の地碑 小平市東部市民センター
拓大一高誕生の地 碑
小平市東部市民センター