発祥の地bannar
天王寺高等学校発祥の地
 [てんのうじこうとうがっこうはっしょうのち] 


場所
大阪府大阪市天王寺区上本町8丁目 [発祥の地]

大阪府大阪市天王寺区下寺町1丁目 [開校の地]
コメント
近鉄・上本町駅の南500m。“上本町6丁目”の交差点から 上町筋を南に進むと, 大阪国際交流センターがあり, ここに「天王寺高校発祥の地」と書かれた碑が建っている。

大阪国際交流センターの敷地は, かつて 大阪外語大があった。さらにその前は 天王寺高校(旧制・天王寺中学校)があった。時系列でみると 次のようになる。

〔天王寺高校〕
1896(明治29)年 大阪府第五尋常中学校設立
        (現天王寺区下寺町1丁目の大蓮寺境内)
1897(明治30)年 この地(天王寺区上本町8丁目)に校舎を竣工, 移転。
1901(明治34)年 大阪府立天王寺中学校と改称
1919(大正8)年 現・阿倍野区三明町2丁目に新校舎が完成, 移転。
(1948(昭和23)年 大阪府立天王寺高等学校と改称)

〔大阪外大〕
1921(大正10)年 大阪外国語学校として この地に創設される。
1949(昭和24)年 大阪外国語大学となる。
1979(昭和54)年 箕面市粟生間谷に移転。

〔大阪国際交流センター〕
1987(昭和62) 国際交流の場・市民の国際感覚を培う場として,
       大阪市により この地に設立された。

(2007/1 追加)
近鉄・上本町駅の西 600m。“下寺町”交差点の南に「大蓮寺」がある。(生国魂神社の裏にあたる)
寺の山門を入ってすぐに「天王寺高等学校開校の地」と書かれた横長の碑が建っている。

上記の沿革にもあるように, ここは 天王寺高校(大阪府第五尋常中学校)が開設された際に 一時的に学校が置かれた場所。
一般に 学校の発祥碑は,「発祥の地」と称するものと「開校(開学)の地」というものがあるが, 両方の碑が建てられているのは 極めて珍しい。

撮影日
2006年5月 [発祥の地] (写真提供 T.K.さん)
2006年10月 [開校の地]
碑文[1]
大阪府立
 天王寺高等学校発祥の地

 天王寺高等学校の前身,旧制天王寺中学校は, 1896(明治29)年 大阪府第五尋常中学 校として発足,翌年ここ桃山の地に新校舎落成 し,爾来23年間,1919(大正8)年,阿 倍野区三明町の現在地に移るまで,質実剛健・ 明朗闊達の校風を醸成し,今日まで脈々として 呼応・伝統する「天中・天高魂」を培いつつ, 幾多の俊秀を輩出してきた。
 今,改めて母校創立の往時を偲び,今後益々 の発展を念じ,ここに記念の碑を記す。
    1987(昭和62)年9月
        大阪府立天王寺高等学校同窓会

碑文[2]

(2007/1 追加)

天王寺高等学校開校の地

 ここ大蓮寺は, 明治二十 九年(1896年)に創立 された現在の大阪府立天王 寺高等学校(当時の大阪府 立第五尋常中学校 後の天 王寺中学校)が, 上本町八 丁目の校舎の完成するまで の間, 最初の授業を行った 記念すべき場所である。
 本校は現在の大阪府立北野 高等学校(当時の第一尋常 中学校, 後の北野中学校) より生徒を分割して作られ た大阪市内二番目の中学校 である。現在も「自由闊達 質実剛健」の校風を誇る天 王寺中学校・高等学校の基 礎が築かれたこの地に, 創 立百周年を記念して本碑を 建立する
        (表の碑文は第十九代校長 小川俊 筆)
    平成八年四月二十四日
        大阪府立天王寺高等学校

天王寺高等学校発祥の地碑
天王寺高等学校発祥の地 碑

天王寺高等学校開校の地碑 大蓮寺
天王寺高等学校開校の地 碑
大蓮寺