発祥の地bannar
千歳小学校発祥の地
 [ちとせしょうがっこうはっしょうのち]

場所
兵庫県神戸市須磨区千歳町2丁目
コメント
JR神戸線・高取駅, 市営地下鉄と山陽電鉄の板宿駅, JRと市営地下鉄の新長田駅。 これら3つの駅のほぼ中間, それぞれ約600mの距離にある。
ここに 100m四方ほどの“千歳公園”があって, 南隅に「千歳小学校発祥の地」と書かれた 平板状の石碑と二宮尊徳の銅像が設置されている。

この地は 2002(平成14)年まで「神戸市立千歳小学校」があったが, 建物の老朽化や児童数の減少のため, 近くの 大黒小学校と統合した上で, 旧JR鷹取工場跡に 新たに「だいち小学校」を建設して 移転した。

千歳小学校は 1937(昭和12)年に「千歳尋常小学校」として創立された。発足時の児童数は 1,465名であった。 その後「千歳国民学校」を経て, 1947(昭和22)年に「神戸市立千歳小学校」となった。 児童数は 2,444名(1941)がピークで, 昭和30年代から減少の一途をたどり, 閉校時には 約200名であった。

統合相手の大黒小学校の歴史は 千歳小学校とほぼ同じで, 1936(昭和11)年の創立, 1947(昭和22)年に「神戸市立大黒小学校」となった。児童数の推移もほぼ同程度であった。
だいち小学校に統合後, 大黒小学校の校舎はそのままの形で「すまいるプラザ大黒」という 地域活動・地域交流の 拠点として利用されている。
なお 大黒小学校には発祥碑は作られていない。

千歳小学校発祥の地碑に並んで 二宮尊徳像が建っているが, これについては 次のような 説明がつけられている。

二宮尊徳先生幼時之像

此の銅像は兵庫実践 少年団長中村直吉氏 が本校新築記念に 寄贈したもので 表面の 題字は前宮内大臣 一木喜徳郎卿の 揮毫なり
      昭和十二年七月二十三日
           神戸市長 勝田銀次郎
撮影日
2008年5月
碑文
神戸市立
  千歳小学校 発祥の地
    開校 昭和12年4月
    閉校 平成14年3月


 
千歳小学校発祥の地碑 二宮尊徳像
千歳小学校発祥の地 碑
二宮尊徳像