発祥の地bannar
東京中学院発祥の地
 [とうきょうちゅうがくいんはっしょうのち]


場所
東京都中央区明石町
コメント
地下鉄日比谷線の築地駅から 東に400m。
中央区立明石小学校と その北側にある高層マンション“ラ・ヴェール明石”の間に小公園がある。 公園前の歩道上に 1.2mほどの高さの茶色の石碑が建っている。

「東京中学院」は アメリカ北部バプテスト(キリスト教プロテスタントの一教派)が設立した男子校で, 後の「関東学院」の源流の一つとなった学校。1895(明治28)年 ここ築地居留地に開校した。
1899(明治32)年 「東京学院」と校名を変更し,新宿区市谷左内町に移転。
1904(明治37)年に高等科を設置し,さらに1919(大正8)年に日本バプテスト神学校と合併して「神学部」ができた。
1923年の関東大震災により大きな被害を受けたため,1927(昭和2)年に 横浜の「中学関東学院」と合併し 「財団法人関東学院」が組織された。
戦後の学制改革により「関東学院中学校・高等学校」および「関東学院大学」となって現在に至っている。

(参考) バプテスト関連項目          .
    ・日本バプテスト発祥の地
    ・横浜バプテスト神学校発祥の地
    ・私立中学関東学院発祥の地 <



撮影日
2009年11月
碑文
関東学院の源流
  東京中学院発祥の地

    1895年9月10日,ここ築地居留地42,42番地で
    米国バプテスト伝道協会が東京中学院を設立した。
    関東学院教育の源流はここに発する

    二〇〇九年 創立一二五周年記念
          学校法人 関東学院
    「人になれ 奉仕せよ」

  二〇〇九年十月 建立


 
東京中学院発祥の地碑 設立当時の東京中学院の建物
東京中学院発祥の地 碑

設立当時の東京中学院の建物