発祥の地bannar
東京工業大学発祥の地
 [とうきょうこうぎょうだいがくはっしょうのち]


場所
東京都台東区蔵前2丁目
コメント
地下鉄大江戸線・浅草線の蔵前駅から 250m南東に,東京都下水道局の北部第一下水道事務所(蔵前ポンプ所)がある。この南東脇にある駐車場の片隅に「東京工業大学発祥の地」と書かれたパネルが設置されている。

東京工業大学は,1881(明治14)年に「東京職工学校」として開設され, 1890(明治23)年に「東京工業学校」, 1901(明治34)年には「東京高等工業学校」と改称した。
1923(大正12)年の関東大震災により 施設の大半を失なったため 目黒区大岡山に移転。1929(昭和4)年に 現在の「東京工業大学」となった。

蔵前時代の東京高等工業学校の敷地は, およそ1万坪あったと考えられ, 現在の地図にあてはめると, 榊神社・浅草中学校などを含む隅田川の西側一帯をカバーしていた。
発祥の地のパネルには 現在の地図に明治末の敷地を示す図面が添えられていて, 広大な敷地が見て取れる。(下図)

この発祥碑のある蔵前2丁目(旧南元町)は,東京高等工業学校のメインの敷地から離れた飛地となっていて,面積も800坪弱と狭いものだが,東京工業大学が目黒区に移転した後も 東工大の所有となっていて,東工大のボート部の艇庫が置かれ 活動の拠点となっていた。
そのような歴史を考えると,この地は旧・東京高等工業学校の付属地だった場所であり,東京工業大学の発祥の地というには 少々無理があるような気がする。
一方,旧東京工業高等学校のメインの敷地(蔵前1丁目)の方には「工業教育発祥の地」の碑が建っていて,こちらこそ「東工大の発祥の地」と呼ぶにふさわしいように思われる。これら2種類の碑ができたのは どういう背景があったのだろうか。

(関連項目) 工業教育発祥の地

撮影日
2010年1月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
東京工業大学発祥の地

 この辺り蔵前の地,旧浅草御蔵の跡には,今日の東京工業大学の前身である官立の東京職工学校(のち東京工業学校,東京高等工業学校と改称)の校舎及び東京工業大学の艇庫・宿舎等があった。
 東京職工学校は,明治14(1881)年5月26日に創設され,同15年6月10日文部省より浅草区蔵前東片町29番地の地所並びに浅草文庫の建屋を交付され,校舎新築の工事を起こした。その後,明治23年3月24日東京工業学校,明治34年5月10日東京高等工業学校と改称され,敷地も南元町38番地の土地を加え,校舎も鳥越川から六番堀まで及んだ(現柳橋2丁目から蔵前1丁目に及ぶ地域:右下図参照.榊神社の場所に,学校の表門があった.境内に石碑「蔵前工業学園の蹟」などがある).学校は充実・発展し,大正12(1923)年春には,衆議院・貴族院で大学への昇格が決定した。しかし,その秋の9月1日関東大震災により灰塵に帰し,学校当局は当地での再建を断念し,市外荏原郡大岡山に移転,昭和4(1929)年4月1日東京工業大学の設置が正式に決まり,今日に及んでいる。
 蔵前の飛び地,元蔵前2丁目1番45号の当地(旧浅草南元町,のち浅草蔵前2丁目12の11)約773坪は,その後も蔵前艇庫(昭和29年落成)等に使用され,伝統ある東京工業大学端艇部活躍の拠点となってきた。しかし昭和50年3月25日,東京都下水道局との土地交換が成立し,東京工業大学は,横浜市緑区の留学生会館用地などを得て,蔵前からすべて移転した。この標(しるし)は,東京工業大学の発祥の地を記念して建てたものである。


 
東京工業大学発祥の地碑
 東京工業大学発祥の地 碑

旧東京工業高等学校敷地
 旧東京工業高等学校 敷地
 (画像をクリックすると 画像拡大)