発祥の地bannar
東京盲唖学校発祥の地
 [とうきょうもうあがっこうはっしょうのち] 


場所
東京都中央区築地4丁目
コメント
国立がんセンターの北東側に中央区立“市場橋公園”がある。公園の南側半分は観光バスの駐車場,北側は児童公園になっているが,その北端に「東京盲唖学校発祥の地・日本点字制定の地」と書かれた,茶色の御影石製のずんぐりした形の石碑が建っている。

日本の視覚・聴覚障害者に対する教育は,京都と東京において ほぼ同時期に始まった。
1873(明治6)年, 京都の待賢小学校内で聾唖教育が開始された。数年後には盲教育も始まり,後に「京都府立聾唖学校」となった。

東京においては,1875(明治8)年に“楽善会”という篤志家グループによる盲人教育施設を設立する運動が始まり,1880(明治13)年に「楽善会訓盲院」が開校,聾教育も行われるようになった。
1884(明治17)年,校名を「東京訓盲院」と改めたが経営困難となったため,1885(明治18)年 文部省直轄となり「東京盲唖学校」と改称。
戦後 東京教育大学の附属校となり,現在は「筑波大学附属視覚特別支援学校」「筑波大学附属聴覚特別支援学校」となっている。

視覚障害者が触覚で読む字“点字”は,一般に横2×縦3の6つの点で表される。
日本では,1890(明治23)年に東京盲唖学校の石川倉次によって 6点式点字が考案され,これが“日本点字”として制定されて,国内で広く使用されるようになった。

撮影日
2011年1月
碑文
東京盲唖学校発祥の地
日本点字制定の地

  1879(明治12)年 ジョサイア・コンドル設計による校舎完成
  1880(明治13)年 楽善会訓盲院として開港
  1887(明治20)年 官立に移管 東京盲唖学校と改称
  1890(明治23)年 日本展示制定

      2010(平成22)年 11月1日建之
        筑波大学附属視覚特別支援学校
        筑波大学附属聴覚特別支援学校
              記念碑実行委員会


 
東京盲唖学校発祥の地碑 中央区立市場公園
東京盲唖学校発祥の地 碑
中央区立 市場公園