発祥の地bannar
仙台市通町小学校発祥の地記念碑
 [せんだいしとおりまちしょうがっこうはっしょうのちきねんひ] 


場所
宮城県仙台市青葉区青葉町
コメント
JR仙山線・北仙台駅の西 500m。 青葉神社の鳥居をくぐって拝殿に向う 参道左側に, 写真に示す石碑が建っている。

この地域は 仙台市の中心街の北側に位置し, 1937(昭和12)年に 仙山線が開通し 北仙台駅ができたことにより 住宅街として発展してきた。 周囲には“北山五山”と呼ばれ かつて 仙台城の鬼門を守った5つの寺院などがある。
明治初期には 学校がなく 通学困難だったため, 1888(明治21)年 に 青葉神社の集会所を借り受けて 「私立通町小学校」を開校。1987(明治30)年 「仙台市立通町尋常小学校」となった。
1917(大正6)年「市立通町尋常小学校」の時代に 校舎を建設して現在地(青葉区木町)に移転, 1947(昭和22)に「市立通町小学校」となった。

撮影日
2006年10月
碑文[1]
仙台市通町小学校発祥の地記念碑

わが母校通町小学校は明治21年9月 東昌寺重職國安敬州等有志が 青葉梵天講舎を借り, 私立通町尋常 小学校として開校したのである。
以来通町小学校は, 83年を経過 して卒業生を世に送ること実に1万 有余名の多くにのぼり, 今や仙台市有数の学校として発展 してきた。
わが学区は伊達藩政時代の遺跡が 多く学校を中心とした愛校愛郷の 微風が継承されており明治32年 同窓会が結成され益々 風教の醇化をみるに至ってきた。
あたかも開校80周年に当たり 記念事業の一環として同窓会会員 有志が相図り発祥の地に記念碑を 建立してその根源, 発祥を世に 永く明らかにするものである。

通町小学校発祥の地碑 青葉神社 鳥居
通町小学校発祥の地 碑
青葉神社 鳥居 .