発祥の地bannar
東京府豊島師範学校発祥之地
 [とうきょうふとしましはんがっこうはっしょうのち] 


場所
東京都豊島区西池袋1丁目
コメント
池袋駅の西口にある“東京芸術劇場”の北西に隣接して“池袋西口公園”がある。 公園の中央付近の竹垣に囲まれた一画に, 「東京府豊島師範学校 同 附属小学校 発祥之地」の 文字と 両校の校章が刻まれた, 白と黒の石材を組みあわせた石碑が建つ。
碑の裏面には 両校の沿革概要が刻まれているが 碑の近くまで入れないため よく読み取れない。 それを補う目的だろうか, 石碑の背後に説明板が建てられ, 石碑裏面の碑文と同じものが 書かれている。

池袋西口公園は 元・豊島師範学校とその付属小学校の跡地である。
「東京府豊島師範学校」は 1909(明治42)年に この地に設立され, 1924(昭和17)年「東京第二師範学校」と改称した。
第二次大戦末期に空襲により校舎が全焼したため, 1946(昭和21) 小金井市の 旧陸軍技術研究所の跡地に移転。
1949(昭和24) 東京の4つの師範学校(青山師範=東京第一師範, 豊島師範=東京第二師範, 大泉師範=東京第三師範, 青年師範) が合併して「東京学芸大学」となった。

戦後この地はヤミ市となって 暗い雰囲気の一画になっていたが, これを整備して 1970(昭和45)年に 池袋西口公園となった。
その後 池袋駅西口一帯の再開発に伴い 公園も再整備され, 1990(平成2)年には 付属豊島小学校跡地に 東京芸術劇場もオープン。 これに合わせて公園も 劇場の前庭公園として再整備された。

撮影日
2007年7月
碑文
東京府豊島師範学校
  同 附属小学校 発祥之地

    沿革の概要
一. 明治四十一年十一月 東京府豊島師範学校
            設置告示
一. 明治四十二年四月  此の地に校舎新築・開校
一. 明治四十四年四月  附属小学校開設
一, 昭和十八年四月   東京第二師範学校と改称
一, 昭和二十年四月   空襲により附属校舎を残
            して全焼
一, 昭和二十二年一月  本校小金井の地に移転
一, 昭和二十四年五月  東京学芸大学に発展し
            附属小学校は附属豊島
            小学校と改称
一, 昭和三十九年三月  豊島小学校小金井に移転
    昭和四十八年三月建之
        豊島師範学校同窓会 撫子会
        同 附属豊島小学校  同窓会

東京府豊島師範学校碑
 東京府豊島師範学校        
同 附属小学校 発祥之地碑
雙葉学園発祥の地碑