発祥の地bannar
魚崎小学校開校の地
 [うおざきしょうがっこうかいこうのち] 


場所
兵庫県神戸市東灘区魚崎南町7丁目
コメント
阪神電鉄・魚崎駅から東に400m。阪神高速道路神戸線に面して‘覚浄寺’がある。この寺は 1995年の阪神大震災で倒壊し,その跡地は 現在は更地になっていて,仮本堂があるのみである。
境内の片隅には「江戸時代建築・浄土真宗 覚浄寺」と書かれた看板が横倒しのまま放置されており,その近くに「明治六年・魚崎小学校開校の地」と書かれた石碑が建っている。

魚崎小学校は,東灘区にある神戸市立の小学校。明治初期に学制が発布された直後に 覚浄寺の庫裏を借りて,寺子屋的に発足。
現在は 児童数約1470人(245人/学年)と,非常に規模の大きい小学校である。

1872明治5年学制発布
1873明治6年覚浄寺の庫裏を借りて創立
1883明治16年西浜田の新校舎に移転
1901明治34年東三反田新校舎に移転
1919大正8年魚崎村が魚崎町になり「魚崎町立尋常高等小学校」と改称
1930昭和5年新校舎建設 (この時の児童数 880名)
1941昭和16年「魚崎国民学校」と改称
1947昭和22年「魚崎町立魚崎小学校」と改称
1950昭和25年魚崎・御影・住吉・本庄の町が神戸市と合併。「神戸市立魚崎小学校」となる
1975昭和50年新校舎竣工。 開校記念碑を覚浄寺に建立(開校100年)
1995平成7年阪神大震災により 学校は避難所となる
2001 平成13年新校舎建設 移転

撮影日
2012年4月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
明治六年
  魚崎小学校開校の地

 
魚崎小学校開校の地碑 倒れたままの 覚浄寺 石標
魚崎小学校開校の地 碑
倒れたままの「覚浄寺」看板