発祥の地bannar
浦和中発祥の地


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
埼玉県さいたま市浦和区常盤6丁目
コメント
さいたま市役所の西 100m。合同庁舎の東隣りに“埼玉県知事公館”がある。この前に 2人の学生服を着た生徒と「ここに浦中ありき」という文字を刻んだ石碑が建っている。

ここは 県立浦和高校の前身 (旧制)浦和中学校が開校した場所である。
浦和高校の現在の校舎(浦和区領家5丁目)は, この地の約1.5キロ北にある。

撮影日
2005年8月 
碑文
「ここに浦中ありき」

ここ武蔵野の鹿島台の地に埼玉県立中学校が誕生した。
明治28年に県立第一尋常中学校の設置告示, 翌年開校浦和中学校の前身である。
昭和12年領家へ移転, 現在の浦和高等学校となった。
創立百年を迎え, 発祥の地に記念碑を建立す。
  平成7年10月5日
    埼玉県立浦和高等学校
    創立百周年記念事業実行委員会


 
「ここに浦中ありき」碑
「ここに浦中ありき」 碑


移転先 http://840.gnpp.jp/urachu/