発祥の地bannar
山手小学校発祥乃地
 [やまてしょうがっこうはっしょうのち]


場所
兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目
コメント
市営地下鉄県庁前駅から 北に200m。相楽園の東側に隣接して こうべ小学校がある。
学校の敷地の南端にある正門の扉のすぐ内側に「山手小学校発祥乃地」という石碑が建っている。

山手小学校は,かつてこの地にあった 神戸市立の小学校。
1901(明治34)年に「山手尋常小学校」として開校し,隣接する諏訪山小学校は男子校,山手小学校は女子校であったが,1926(大正15)年より男女共学となった。
1947(昭和22)年に「神戸市立山手小学校」と改称。1994(平成6)年(阪神大震災の前年)に,近くの下山手小学校と統合されて「山の手小学校」となった。

山手小学校閉校後の跡地は,北側に隣接していた諏訪山小学校(こうべ小学校の前身)に吸収された。このため,現在の「こうべ小学校」の敷地は非常に広く,正門の内側には広い庭園があって,その内側に十分な面積のグラウンドがあるという恵まれた環境である。

撮影日
2012年4月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
山手小学校発祥乃地
  明治34年4月1日

 
山手小学校発祥の地碑
山手小学校発祥の地 碑
こうべ小学校 校名碑
こうべ小学校 校名碑