発祥の地bannar
順天堂発祥之地 [じゅんてんどうはっしょうのち]

場所
東京都中央区東日本橋2丁目
コメント
地下鉄・東日本橋駅の東 200m の地に「薬研堀不動院」がある。
これの中庭のように囲まれたところに, 発祥碑が建つ。
同じ場所に 講談発祥記念碑 もある。

長崎で蘭学を学んだ 佐藤泰然(当時 和田姓)は, 1838(天保9)年 この地 薬研堀に 蘭学塾「和田塾」を開き, 塾生に蘭学を教えると同時に 外科専門の治療を行った。
1843(天保14)年, 佐倉藩主に招かれ 佐倉に「順天堂」を開いた。
(この建物は 現在「旧佐倉順天堂記念館」=千葉県指定史跡 として公開されている。)
これが「順天堂」の名前の発祥。 同時に 泰然は 母方の姓 和田から 父方の姓 佐藤に変えた。
佐藤泰然は 当時画期的であった 種痘を行うなど 優れた新技術の導入に積極的であった。

その後 1873(明治6)年 養子の 尚中 の代に, 東京下谷練塀町に病院を開き, 1875(明治8)年 湯島に順天堂医院を開業。
1946(昭和21)年 順天堂医科大学が認可され, 1951(昭和26)年 には 順天堂大学が開設され, 現在の 順天堂大学と附属順天堂医院 に引き継がれている。

撮影日
1999年12月, 2004年5月
碑文
順天堂発祥之地
   天保9年(西暦1838年)
   順天堂始祖佐藤泰然この地に
   和蘭医学塾を開く

    昭和57年4月10日
     学校法人 順天堂 建之

順天堂発祥之地 碑 薬研堀不動院
順天堂発祥之地 碑
薬研堀不動院