発祥の地bannar
大磯小学校発祥之地  [おおいそしょうがっこうはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
神奈川県中郡大磯町大磯
コメント
JR大磯駅の南, 国道1号(東海道)を挟んで 大磯消防署と 中南信用金庫が向かい合っているが, その 中南信用金庫の前に 1.5mほどの高さの石の標柱が立っている。
道路側の面に「大磯小学校発祥之地」, 側面には「尾上本陣跡」と書かれている。

東海道五十三次の 大磯宿には 3つの本陣があったと言われるが, 現在 その場所が確認されているのは 「小島本陣跡」と「尾上本陣跡」の2つで, その一つが この場所にあった。
明治末期, この本陣・尾上氏宅に 私塾が開かれ, それが 明治の学制令によって 公立の学校となった。大磯小学校の名前になったのは 明治26年のことである。
現在の大磯小学校は, ここから 北西500m, 東海道線の南側に移転している。

撮影日
2003年10月
碑文
大磯小学校発祥之地

尾上本陣跡
開校百周年記念
   昭和48年11月

大磯小学校発祥之地  大磯小学校発祥之地
中南信用金庫  中南信用金庫


移転先 http://840.gnpp.jp/oisoshogakko/