発祥の地bannar
立教学院発祥の地 [りっきょうがくいんはっしょうのち]

場所
東京都中央区明石町
コメント
営団地下鉄日比谷線 築地駅から 200m南東。聖路加看護大学の構内に ドーナツを半分に割った ユニークな形の 黒色の石碑が建っている。
この碑は 立教の創立125周年を記念して 2000年に建立された。

立教学院は 1874(明治7)年 築地の外国人居留地に開かれた 「立教学校」という名の私塾がルーツ。
その後 「立教大学校」「立教専修学校」「立教中学校」などの名称を経る。 1907(明治40)年には「立教大学」を開設し, 1918(大正7)年に 現在地(豊島区池袋)に移転した。

撮影日
2003年4月
碑文
立教学院発祥の地

   1874
   ウィリアムズ主教
   立教学校を開く

     すべての人に仕える者に
     なりなさい
        聖マルコによる福音書 新約聖書

立教学院発祥の地  立教学院発祥の地