発祥の地bannar
茨城県青年師範学校 発祥之地
[いばらぎけんせいねんしはんがっこう はっしょうのち] 


場所
茨城県水戸市緑町2丁目
コメント
水戸の偕楽園の裏手に 「県立歴史館」という施設がある。ここは 広い敷地の中に, 本館 (歴史博物館) の他に, 旧・水海道小学校本館, 旧・水戸農業高等学校本館 などの 建物が公開されていて,なかなか楽しい場所である。

旧・水戸農業高校は 昔からこの敷地の一角に場所にあった学校で, 武家屋敷のような 印象を与える 元校舎が残されている。
この地は 同時に 茨城県の青年師範学校の発祥の場所でもあった。

旧・水海道小学校は 茨城県の指定文化財に指定された 大変美しい建物で, この場所に 移築・復元されたもの。

撮影日
2002年3月 
碑文
茨城県青年師範学校 発祥之地

   沿革
明治36年4月茨城県農学校内に農業教員養成科を設置
明治37年4月農業教員養成所と改称 大正2年3月廃止
大正6年4月農業教員養成科を設置
大正11年4月茨城県立補習学校教員養成所と改称
昭和10年4月茨城県立青年学校教員養成所と改称
昭和13年4月臨時養成科を併設
昭和19年4月茨城青年師範学校と改称 官立移管 青年学校教員臨時養成科を併設
昭和20年4月茨城県立上郷農蚕学校の地に独立移転
昭和21年4月女子部を設置
昭和23年9月茨城県西茨城郡友部町の元筑波海軍航空隊跡に移転
昭和24年5月茨城大学に包括され 茨城大学茨城青年師範学校となる
昭和26年3月師範学校令の廃止に伴って閉校

 右の学校は 開学以来在村青年に対して 産業教育 職業教育を施す青年 教育を担当する教師の養成を目的としてきた その間時代の要請により度々 変遷をみたが その教育理念は 茨城大学教育学部職業科 技術科に継承さ れ 職業教育 産業技術教育の教師養成に深いかわりをもっている
 卒業生は 臨時講習科の終了生を含めて二千有余名を数え その多くは本 建教育界において活躍している

      昭和63年2月        耕心同窓会建立


 
茨城県青年師範学校  発祥之地
 茨城県青年師範学校
  発祥之地

旧・水戸農業高校
 旧・水戸農業高校

旧・水海道小学校
 旧・水海道小学校