発祥の地bannar
バスケットボール発祥の地
 [ばすけっとぼーるはっしょうのち]


場所
京都府京都市中京区中之町
コメント
京都市営地下鉄東西線の京都市役所前駅から南西に400m。
三条通りに面して京都YMCA三条本館がある。この正面入口横に黒御影石の石柱の上に バスケットボールを模した球体を載せたモニュメントが建っている。碑文には「1915年 バスケットボールの歴史がこの地で始まる」と書かれている。

バスケットボールは,アメリカ・マサチューセッツ州スプリングフィールドの国際YMCAトレーニングスクールでジェームズ・ネイスミスが 1891年に考え出したのが現在のルールの原型になっている。
日本にバスケットボールが伝わったのは 1908(明治41)年で,米YMCAでトレーニングを受けた大森兵蔵氏が東京YMCAで紹介したといわれている。1913(大正2)年には米YMCAから派遣されたF・H・ブラウン氏が京阪神や東京で競技指導に当り普及していった。
1915(大正4)年には旧制京都一中(現・洛北高)教諭の佐藤金一氏が京都YMCAで日本初のチームを作った。1925(大正14)年には“京都籃球(らんきゅう)協会”(現在の京都バスケットボール協会の前身)が発足している。

日本初のバスケットチーム発足からちょうど100年目に当たる 2014(平成26)年,京都YMCA敷地の角にモニュメントが建立された。高さ1.5メートル。台座上にアルミ鋳物製のボールが載っていて“100th”と書かれている。

撮影日
2014年10月 (写真提供 まさ・なち さん)
碑文
   1915年
   京都YMCA

佐藤金一氏とF.H.ブラウン氏
によってバスケットボールの
歴史がこの地で始まる

 
バスケットボール発祥の碑 同・碑文
バスケットボール発祥の碑
同・碑文