発祥の地bannar
ビーチバレーボール発祥之地
 [びーちばれーぼーるはっしょうのち]


場所
静岡県下田市白浜
コメント
下田の東海岸,東伊豆道路(国道135号)に沿って北上すると,白浜海岸のほぼ中央付近の国道に面して,「レスポ白浜」という,コンビニやレストランなどが入った3階建ての店舗がある。
この「レスポ白浜」の向い側は 広い砂浜になっているが,国道に比較的近いところに 大きな「北原白秋の詩碑」が建っていて,その脇に シュロ(アロエ?)に隠れるように 2m程の高さの細い木の碑が建っている。

発祥碑は半ば朽ちかけていて かろうじて消え残った「ビーチバレーボール発祥の地」の文字が読み取れる。しかし その側面に書かれた文字は「・・・協会」とか「原田区・・・」などごく一部の文字だけしか読み取ることができない。

関係者の説明によると,この碑は 2003(平成15)年に静岡県で国体(わかふじ国体)が開催された際に,白浜海岸が男子ビーチバレーの会場となったことを記念して建立された発祥碑であるらしい。
ちなみに,同年の女子のビーチバレー会場は熱海だったという。
また ビーチバレーは,毎年の国体で必ず実施される競技ではないようで,最初にビーチバレーがおこなわれたのが 大坂で開催された第52回(1997年大会),次いで 第58回(2003=静岡),第60回(2005=岡山),第61回(2006(兵庫),第64回(新潟)と,とびとびに開催されていて,まだまだマイナーな競技として扱われているようである。

ちなみに,この古くなった下田・白浜の発祥碑は 地元でもほとんど忘れ去られた存在のようで,再建しようという動きは 今のところ見られない。
一方,神奈川件の藤沢市にも「日本ビーチバレー発祥の地」の碑が建っており,全体を統轄しているはずの「日本ビーチバレー連盟」は,これらをどのようの考えているのだろうか。

撮影日
2010年1月
碑文
ビーチバレーボール発祥之地
(側面)
「・・・・協会」
「原田区・・・・」
   (その他の文字は全く読み取れない)


 
ビーチバレー発祥之地の木碑
 ビーチバレー発祥之地の木碑
 (非常に風化していて 文字は
 ほとんど読めない)
北原白秋碑とビーチバレー発祥之地碑
 北原白秋碑と
 ビーチバレー発祥之地碑