発祥の地bannar
日本還暦野球発祥の地
 [にほんかんれきやきゅうはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
群馬県館林市つつじ町
コメント
東武鉄道伊勢崎線の館林駅から 東に1.6km。
春になると1万株のツツジが咲き誇ることで有名な“つつじヶ丘公園”の東隣に“城沼総合運動公園”がある。
陸上競技場の東側にある“市営城沼球場”の外野フェンスと内野スタンドの境界に「日本還暦野球発祥の地」という碑が建っている。

昭和50年代に 群馬県知事が“県民総スポーツ参加”を提唱したことを背景に,1976(昭和54)年 60歳以上のメンバーによって 還暦野球チーム「前橋還暦ボーイズ」が誕生し,これをきっかけに 群馬県内に7つのチームが作られた。
1978(昭和56)年に“群馬県還暦野球連盟”が組織され,第1回群馬県還暦軟式野球記念大会が8チームの参加により開催された。
現在では 70歳以上の“古稀チーム”なども作られ,還暦チーム 66,古稀チームが 19,グランド古稀チームが 4,傘寿チームが 1と,合計90チームが連盟に登録されて 活発に活動が続けられている。

さらに還暦野球は全国にも広まり,島根県と鹿児島県を除く全都道府県毎に還暦野球連盟が組織され,現在 全日本還暦軟式野球連盟に登録されたチーム数は 477 (還暦 398,古希 79)となっており,毎年秋には「全日本還暦軟式野球選手権大会」が開催されている。

撮影日
2008年10月
碑文
日本還暦野球 発祥の地
  館林市長 中島勝敬 謹書

(裏面)
  館林オールドジェントルマンクラブ
            昭和四十年四月結成
              代表 渡辺 利三郎
  白光クラブ     昭和五十年改名
  館林還暦スターズ  昭和五十六年改名
      平成十三年八月
          ときの有志これを建つ


 
日本還暦野球 発祥の地碑 城沼野球場
日本還暦野球 発祥の地 碑
城沼野球場

移転先 http://840.gnpp.jp/nipponkanrekiyakyu/