発祥の地bannar
競輪発祥の地
 [けいりんはっしょうのち] 


場所
福岡県北九州市小倉北区三萩野3丁目
コメント
JR鹿児島本線の小倉駅から 南に1.5kmの地点に“北九州メディアドーム”がある。 メディアドームの西側に隣接する“三萩野公園”の 北入口附近に 発祥碑が建っている。

日本における競輪の歴史は, 1897(明治28)年に 横浜のクリケット倶楽部で 自転車競技がおこなわれたという記録があるが, 日本人による最初の自転車競技は, 1897(明治30)年に 上野・不忍池で行われたものとされる。

1948(昭和23)年 「自転車競技法」が施行され, 車券の購入による 掛け金をかけた競輪を開催することが可能となった。
この年 第3回国民体育大会が福岡県で開催され, 自転車競技が この地で行われたが, その施設を利用して 小倉競輪が開催されることになった。 これが 日本における競輪の発祥とされる。

小倉競輪場は 1998(平成10)年に解体され, 新たに全天候型ドームや ハイテク科学館などを 収容した“北九州メディアドーム”としてオープンした。

撮影日
2005年11月
碑文
競輪発祥の地

  旧小倉市長 浜田良祐氏の功績により
  昭和23年11月20日10時30分
  全国初の競輪開催がスタートした

  平成10年10月吉日建之
    北九州市長 末吉興一 謹書


 
競輪発祥の地碑 北九州メディアドーム
競輪発祥の地 碑
北九州メディアドーム