発祥の地bannar
なぎなた競技 発祥の地
 [なぎなたきょうぎ はっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
群馬県高崎市新町
コメント
JR高崎線の新町駅から北に150m。
新町駅から北に通る 県道179号(新町停車場線)が 国道17号を越えてすぐ “しののめ信用金庫新町支店”がある。その敷地の南隅に 楯を縦2つに切り割った形の 黒御影石の発祥碑が建っている。

なぎなた(薙刀)は 長い柄の先に刃をつけた武器で,古く平安時代から使用されていたが, 鉄砲が出現した後は 戦場で使われることはなくなり,もっぱら武家の女性の護身用具となった。
明治以後“女薙刀”が女性の武道として発展し,太平洋戦争後はスポーツとして引き継がれ, 1955(昭和30)年に“全日本なぎなた連盟”が発足。毎年“全日本選手県大会”が行われてきた。
1983(昭和58)年に開催された 第38回国民体育大会(あかぎ国体)で 初めて正式種目として“なぎなた”が 取り入れられ,少年女子の部・成年女子の部として 群馬県新町の住民体育館で開催された。

住民体育館は 新町中学校・新町第一小学校に隣接する場所にあり,そこから南西に500mのこの地は 新町の玄関口であるため 発祥碑がここに建てられたようだ。

撮影日
2008年10月
碑文
第三十八回国民体育大会
  なぎなた競技 発祥の地
      群馬県知事 清水一郎書

  テーマ   あかぎ国体
  スローガン 風に向かって走ろう
     昭和五十八年十月十五日

          新町
          新町商工会
          新町水曜会


 
なぎなた競技発祥の地碑 しののめ信用金庫 新町支店
なぎなた競技発祥の地 碑
しののめ信用金庫 新町支店

移転先 http://840.gnpp.jp/naginata-kyogi/