発祥の地bannar
日本の会員制総合スポーツクラブ発祥の地
 [にほんのかいいんせいそうごうすぽーつくらぶはっしょうのち]


場所
東京都中野区中野2丁目
コメント
JR中央線の中野駅から東に300m。駅と“なかのZERO”(多目的ホール)のほぼ中央に「TAC東京アスレティッククラブ」の本部ビルがある。その建物の前に不思議な形のモニュメントがあって「日本の会員制総合スポーツクラブ発祥の地」と書かれている。

現在 日本のスポーツクラブ(=フィットネスクラブ)としては,コナミスポーツクラブ・セントラルスポーツ・ルネサンスをはじめ,数えきれないほど多数のクラブが存在する。
経産省の定義によると,フィットネスクラブとは「室内プールやトレーニングジムなどの運動施設があり,インストラクターなどの指導員がいて,会員にスポーツや体力向上などのトレーニング方法などを教える事業所」である。

東京アスレティッククラブ(TAC)は,会員制スポーツクラブの草分けとして 1970(昭和45)年に 東京・中野に創立された会社で,中野をはじめとして関東を中心に10個所の事業所を運営している。
同じ1970年に レスリング協会の会長であった八田一朗氏が 東京・新宿に「スポーツ会館」を設立し,,スポーツスクール・スポーツ講座を行ったため,これがスポーツクラブの発祥とする説もあるようだが,こちらは同年10月の設立,中野のTACは7月の設立ということになっていて,僅かの差でTACの方が早かったようである。〔スポーツ会館は 2012(平成24)年に閉館された。〕

撮影日
2013年6月
碑文
日本の会員制総合スポーツクラブ発祥の地

    1970年7月15日創立
  TAC 東京アスレティッククラブ


 
日本の会員制総合スポーツクラブ発祥の地 碑
日本の会員制総合スポーツクラブ
  発祥の地 碑
発祥碑とモニュメント
発祥碑とモニュメント
TACビルとモニュメント
TACビルとモニュメント