発祥の地bannar
近代水泳発祥之地
 [きんだいすいえいはっしょうのち] 


場所
大阪府茨木市新庄町
コメント
阪急電鉄京都線の茨木市駅から 南西に500m。 大阪府立茨木高校の 正門から入ってすぐ右側に 大きな黒い石碑が建っている。 背後の大きな建物が 現在の屋内プール。

日本で最初に学校プールが作られたのは ここ茨木中学校(現・茨木高校)。 当初は 校庭に作られた池のようなもので, 大きさは 南北 30m・東西 18m。 これを「水泳池」と呼んでいた。
1916(大正5)年, 池を改修して 長さ40m・幅27mという, 現代の感覚からすると やや中途半端な大きさの プールが完成した。近くの茨木川から水を引き 周囲を板で囲っただけの簡易プールだった。 正式な50mプールに改修されたのは 1919(大正8)年のことになる。
1985(昭和60)年 創立90周年を記念して,「日本近代水泳発祥之地」記念碑が作られ, 1995(平成7)年には 創立100周年を記念して 新プールが竣工した。

茨木高校は, 1895(明治28)年に 「大阪府第四尋常中学校」として発足。 「大阪府第4中学校」「大阪府三島野高等学校」などの校名を経て, 1955(昭和30)年に 「大阪府立茨木高等学校」となった。

撮影日
2006年10月
碑文
近代水泳発祥之地

    建立趣意書
 1915年(大正4年)初代校長加藤逢吉・前久敬会長杉本傳 両先生のご発意により, 大正天皇ご大典記念事業としてわが 国で最初の学校プールが当地に着工され, 職員生徒の勤労奉 仕や各方面のご後援のもとに翌1916年その完成をみたもので ある。以後10mの飛込台を併設するなど改良が重ねられた。 また杉本先生は日本で初めてクロール泳法を指導に採り入れ るとともに数多くのオリンピック選手を生み出す等, 日本近 代水泳の発展向上に多大の貢献を果された。
 1969年(昭和44年)プールは, 50余年の星霜を経て, その 栄光の歴史を終え現在のプールにその役割を引継がれること となった。
 母校創立90周年, プール建設70周年を記念し杉本先生の偉 業とプールの光輝の一端を顕彰してこの碑を建設するもので ある。
     1985年10月27日  大阪府立茨木高等学久敬会

近代水泳発祥之地碑 茨木高校
近代水泳発祥之地 碑
茨木高校