発祥の地bannar
早稲田大学バレーボール部発祥の地
  [わせだだいがくばれーぼーるぶはっしょうのち] 


場所
東京都新宿区西早稲田2丁目
コメント
西早稲田2丁目の 穴八幡神社の裏手に 「早稲田奉仕園」の建物群がある。
穴八幡の南側 (早大文学部と 放生寺の間)を廻って, 早稲田奉仕園の 正門に出たら, 向かって左側の 駐車場入口から 構内に入り, 奉仕園会館(1号館)の 北西角に 赤い花崗岩の石碑が ひっそりと建っている。

早稲田奉仕園は, 1908年(明治41)に 米国バプテスト教会の宣教師 (ベニンホフ博士) が キリスト教主義の学生寮「友愛学舎」を開いたことに始まり, 『人を愛し人に仕えることのできる人間, 広く国際的視野に立つ青年』を育成することを 目的に 活動している団体 (財団法人)。
西早稲田のこの一角に 6つの建物を有し, キリスト教関係の多数の団体が ここに拠点を置いている。
たとえば・・・

  • 日本基督教団
  • 日本クリスチャンアカデミー
  • 日本バプテスト同盟
  • キリスト教学校教育同盟
  • 日北米宣教協力会(JNAC)
  • アバコクリエイティブスタジオ
  • (早稲田教会)・シャブラニール
          ・・・他多数

早稲田奉仕園の敷地の中央に 「スコットホール (Scott-Hall)」と呼ばれる, 赤いレンガ造の 美しい建物がある。 これは スコット夫人の寄附によって, 1921年(大正10年)に 建てられた教会で, 東京都の「歴史的建造物の景観意匠保存」指定を受けている。
現在も 「日本キリスト教団 早稲田教会」として利用されている。

撮影日
2003年7月 
碑文
早稲田大学バレーボール部発祥の地    谷口清 書

 バレーボール部 創設時のホームコートは 当時の主将, 赤城 功氏 始め 諸先輩達が, 奉仕園 創始者である ベニンホフ先生の 慈愛ある人間教育の精神を 日頃より尊び, なおまた 先生のご厚情により 1931年 早稲田奉仕園排球部 と呼称する任意団体で 当地にてスタートする。
     西暦2001年6月吉日 建立
         石施工  茨城県つくば市吉沼2524
                (株) 塚越石材工業

早稲田大学バレーボール部発祥の地 早稲田奉仕園 スコットホール
早稲田大学バレーボール部発祥の地 碑
早稲田奉仕園 スコットホール