発祥の地bannar
近代紡績工業発祥の地
 [きんだいぼうせきこうぎょうはっしょうのち]


場所
大阪府大阪市大正区三軒家東2丁目
コメント
大阪環状線・大正駅の南 500m。“三軒家公園”の西隅に 柱状の発祥碑と副碑が建っている。

明治初期まで 糸を紡ぐ紡績は 農家の副業による家内工業で行われていた。そのため綿糸の輸入は 総輸入額の40%近くを占めていた。
渋沢栄一らは 1882(明治15)年 大阪紡績会社(現・東洋紡)を設立し 三軒家工場を建設した。紡績機械はイギリスから輸入し, レンガ造りの近代的な工場として創業を開始。
これを契機に 当地を中心に数多くの紡績・繊維会社ができ, 日清・日露戦争を経て繊維関係の企業を集め 大きな発展をとげた。
太平洋戦争末期の1945(昭和20)年, 空襲により工場は焼失した。

撮影日
2006年5月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
近代紡績工業発祥の地
 市制施行七十周年記念
      昭和三十六年三月 大阪市建立

(副碑)
    近代紡績工業発祥の地 (大阪紡績)
 明治16年7月に, 東京-大阪の実業財界人渋沢栄一や藤田伝三郎らが出資した大阪紡績会社(通称三軒家紡績)が, 当地「三軒家村」で創業を始めました。この大阪紡績会社は大正区の近代工業を飛躍的に発展させ, 大阪の紡績業を日本一に押し上げる原動力となりました。
 三軒家村は古くから船着場としてにぎわい, 石炭や原料の綿花の搬入や製品の運搬に便利なため選ばれたといわれています。
 創業間もなく夜業を始めましたが, 明治19年に発電機を購入し, 初めてあかあかと電灯がともり工場全体が不夜城のように浮かびあがり, 各地から電灯の見学者が殺到しました。工場はまたたく間に拡大発展し, 業界に傑出した地歩を確立しました。
 明治20年代には, 当地を中心に数多くの紡績, 繊維会社ができ, 日清戦争から日露戦争時代にかけて大阪は「東洋のマンチェスター」と呼ばれるにふさわしい発展をとげました。
 その後, 大正3年, 昭和6年に他社と合併して世界最大の紡績会社に発展しましたが,戦争激化とともに軍需工場に転換させられ, 昭和20年3月の大空襲で焼失しました。
                大阪市


 
近代紡績工業発祥の地碑
 近代紡績工業発祥の地 碑