発祥の地bannar
富士南麓製紙業発祥之地
 [ふじなんろくせいしぎょうはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
静岡県富士市国久保1丁目
コメント
富士市は 工業の盛んな街で, 特に 富士山の伏流水による豊富なわき水を利用した製紙業が盛んである。 製紙工場は市内に 70社近くあって, その数は 全国一。王子製紙・日本製紙(旧・大昭和製紙)などの 大企業もあるが, 多くは中小の製紙工場である。 市内の紙類の総生産量は 全国の12%余のシェアを持ち, 特にトイレットペーパーなどの家庭紙は 生産量日本一を誇る。

撮影日
2006年11月
碑文
富士南麓製紙業発祥之地
    平成六年八月吉日
    社団法人・静岡県紙業協会

(副碑)
    由緒
  伝法村栢森貞助等は明治
  十二年富士南麓で初めて
  この地に手漉和紙工場を
  設立稼働し農民の救済を
  図った
  輸入薬品を使った事が特
  徴であり富士地域が世界
  的な製紙業の地となった
  発祥がこの地であること
  を記念して建碑する
      平成六年八月吉日

移転先 http://840.gnpp.jp/fujinanrokuseishigyo/