発祥の地bannar
我国ゴム工業誕生の地
 [わがくにごむこうぎょうたんじょうのち]


場所
東京都台東区東上野6丁目
コメント
JR上野駅から東に500m。上野小学校の門の手前左側の植え込みの中に, 黒御影石の碑が建っている。

ゴム(天然ゴム)は“ゴムの木”の樹皮に傷をつけ 流れ出る樹液を固めたもの。 最初にゴムを利用したのは 南アメリカのアステカ・マヤ文明であり, ヨーロッパへは コロンブスが持ち帰ったといわれる。
ゴムの弾性を利用した製品が作られるようになったのは 19世紀になってからで, グッドイヤーが 加硫法を発明してから。やがて 自動車タイヤとして需用が拡がった。
現在では 合成ゴム全盛時代となり, 天然ゴムの比率は 2%程度に低下している。

日本における近代的ゴム工業は, 1886(明治19)年に「土屋護謨製造所」によって 加硫ゴムの生産に成功したことに始まる。
1917(大正6)年に「三田土ゴム工業」となり, この地に地下1階・木造3階建ての 当時としては 大規模な工場を建設し, テニスボール(軟式のゴムボール)・野球ボール(軟式)・消しゴム などの 新しいゴム製品を次々に開発した。
三田土ゴム工業は, 終戦直前の 1945(昭和20)年に 昭和ゴム工業に吸収合併された。

撮影日
2006年7月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
(2006.9 修正)
我国ゴム工業誕生の地

明治十九年(1886年)十二月ニ日 蝦夷松前藩士であった土谷秀立 田崎忠篤  田崎忠怒 田崎長国の四兄弟が 日本で始めてゴムの熱加硫法に成功し 土屋 護謨(ゴム)製造所を東京市浅草区神吉町十五番地(現東京都台東区東上野五丁目 十五番地)に創設した この製造所は 後年発展を重ね三田土ゴム製造株式会社 に改組されたが エボナイトの製造をはじめ幾多の技術的開拓は 今日隆盛 を極める我が国ゴム工業の大きな礎石となっている ここに日本ゴム工業史 上不滅の功績を讃え 有志一同相謀り誕生の地に建碑し永く後世に伝えるも のである
                台東区長 上森 貢 撰文並びに謹書
   昭和四十六年三月吉日 
            日本ゴム工業会
            三田土会    建立


 
我国ゴム工業誕生の地碑 上野小学校
我国ゴム工業誕生の地 碑
上野小学校