発祥の地bannar
紙製荷造函創始之地
 [かみせいにづくりばこそうしのち] 


場所
東京都葛飾区亀有3丁目
コメント
JR常磐線の亀有駅から 南東に400m。
“亀有香取神社”の東隣,アリオ亀有(ショッピングセンター)と道を隔てる場所に, “浮洲稲荷神社”という小さな神社がある。
この神社の狭い境内に 太い円柱を横に倒した形のモニュメントが置かれていて, 「紙製荷造函創始之地」と書かれている。

アリオ亀有は イトーヨーカ堂が経営する大型ショッピングセンター。
この地は 2003(平成15)年まで,日本板紙(株)(現・日本大昭和板紙)の亀有工場が あった場所で,2006(平成18)年にその跡地を再開発した。
発祥の地碑(モニュメント)の円柱は ロール状に巻き取られた紙をかたどったもので, 日本板紙で製造されていた段ボールをかたどっているらしい。

明治末期にヨーロッパで“カートン”(厚紙製の函)を見てきた田島志一は, それらに“紙器”という新しい訳語をつけ,1912(明治45)年に「日本紙器製造」を設立。 新型の製造機械を導入して 近代的な段ボール箱の製造を開始。
第一次世界大戦の好況という追い風も受けて 業務は順調に拡大し,社名を「日本紙業(株)」と変更。 1917(大正6)年には 亀有に 2万3000坪の用地を購入して 亀有工場を設立した。
日本紙業は その後紆余曲折を経て,1997(平成9)年に 社名が「日本板紙(株)」となり, 2003(平成15)年に「日本大昭和板紙(株)」となって現在にいたっている。

かつて 輸送・保管用の容器は 木箱を使うのが常識だった。 ここに 段ボールでの箱が用いられるようになったのは, 軽くて折り畳みができるなどの利点があるためで,画期的な製品であった。
日本で段ボール箱が広く一般に普及したのは 昭和の後期になってからのことで, 戦後においても 重量のある製品(例えばリンゴ箱)はまだ木箱が使われていた。
実は 明治末期に「日本紙器製造」社が紙函の製造を始める以前にも,小規模に紙函を作る会社は存在していたが, いずれも内職に毛の生えた程度の手造りのものだったようで,本格的な段ボール箱を工場で量産したのは 「日本紙器製造」であった。

撮影日
2009年6月
碑文
紙製荷造函創始之地

  日本板紙株式会社
    亀有工場跡
        大正7年10月吉日創業
        平成15年3月吉日設立


 
紙製荷造函創始之地碑
 紙製荷造函創始之地 碑

浮洲稲荷神社
 浮洲稲荷神社