発祥の地bannar
日本最初の気候測量所跡
 [にほんさいしょのきこうそくりょうじょあと]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
北海道函館市末広町
コメント
函館市電の十字街停留所から北に400m。 函館港の西波止場近くに“赤レンガ倉庫群”がある。その中で最大の建物“金森洋物館”の 北東角の壁面に,「函館港と倉庫群・日本最初の気候測量所跡」と書かれた説明板が掲示されている。

箱館 (明治2年以後は“函館”となった) の港は“安政の開国”によって 新潟・横浜・神戸・長崎 の各港と ともに開港され,外国船の入港,外国人の居留が増加し,これら外国人たちは 自身の必要性から 少しずつ気象観測を実施していた。
有名な「ブラキストンライン」を発見したイギリス人 トーマス・ブラキストンは,1868(慶応4)年から 気圧・気温の観測も行った。
開拓使函館支庁の福士成豊は プラキストンの観測機器を譲り受けて自宅に設置し 「函館気候測量所」として 1872(明治5)年より ブラキストンの観測を引き継く形で 測候を始めた。 これが我が国の気象観測所における気象観測の始まりで, この地は「日本で最初の気象台」ともいうべき場所である。
その後 「函館気候測量所」は「函館測候所」の名称を経て, 1942(昭和17)年に「函館海洋気象台」と改称され 現在に至っている。現在地は この地より北に7kmの 函館市美原3丁目。

ちなみに,日本における気象観測の開始年代は 次のような順番である。
   1) 函館 1872(明治5)年
   2) 東京 1875(明治8)年
   3) 札幌 1876(明治9)年
   4) 長崎 1878(明治11)年
   5) 広島 1879(明治12)年

函館海洋気象台 のサイトによる〕 .

撮影日
2009年4月
碑文
日本最初の気候測量所跡

 この辺りは,新島譲の海外渡航を助けた福士成豊(日本で最初に西洋型の船を造った続豊治の次男)が 明治5年(1872年)プラキストンの機械を譲り受け,日本で最初の気象観測をする「函館気候測量所」を 開設したところである。


 
日本最初の気候測量所跡碑
日本最初の気候測量所跡 碑

移転先 http://840.gnpp.jp/kikosokuryojoato/