発祥の地bannar
近代製鉄発祥の地
 [きんだいせいてつはっしょうのち] 


場所
福岡県北九州市八幡東区東田2丁目
コメント
JR鹿児島本線のスペースワールド駅から 南西に200m。
駅南にある いのちのたび博物館・環境ミュージアム・北九州イノベーションギャラリーなどに囲まれて “東田第一高炉史跡広場”がある。旧八幡製鉄所の高炉を復元した巨大な施設の前に 「近代製鉄発祥の地・東田第一高炉跡」という碑(モニュメント)が建っている。

明治中期, 日清戦争(1894〜5[明治27〜8])を契機に 近代的な製鉄所設立の機運が高まり, 明治政府は この地八幡村に“官営製鉄所”を開設した。 ドイツ人技師を招いて 1897(明治30)年から 4年の歳月をかけて “東田第一高炉”を建設。 建設費は 日清戦争で得た賠償金で賄われた。

その後 経営形態は“官営”から“日本製鉄八幡製鉄所”となり, 戦後“八幡製鉄”の時代を経て, 1970(昭和45)年に“新日本製鉄八幡製鉄所”となった。
その後 設備の近代化・合理化のため 製鉄事業の主力は 隣接する戸畑地区に移転し, ここ 八幡地区は 広大な敷地が遊休地となった。

東田第一高炉は 1901(明治34)年に稼働し, 途中 10回にわたる大改修を経て, 1962(昭和37)年に操業を停止するまで, 60年余り鉄を造り続けた。
高炉は保存され, 2001年にこの一帯で開催された“北九州博覧祭”に際して一般の見学に供された。
さらに 永久保存の声を受けて, 保存整備の後 1999(平成11)年から“東田第一高炉史跡広場”として 一般公開された。保存施設としては 高炉と 白いタンクのような“熱風炉”など 大きな施設があり, 現在は 「近代製鉄発祥の地」として 北九州市の史跡に指定されている。

なお, 日本における近代(洋式)製鉄の発祥は 釜石とされている。 この地 東田第一高炉は, 正確には「九州における近代製鉄発祥の地」とでもいうべきか。 (詳しくは「近代製鉄業発祥の地(釜石)」 の項 参照)
撮影日
2008年3月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
近代製鉄発祥の地
  北九州市指定文化財(史跡)
   東田第一高炉跡

近代製鉄発祥の地碑
近代製鉄発祥の地 碑