発祥の地bannar
工業団地発祥の地
 [こうぎょうだんちはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
群馬県高崎市上豊岡町
コメント
JR信越本線の群馬八幡駅から北東に800m。
国道18号の“上豊岡”交差点から高崎環状線に折れて約1km。国道406号の少し手前の道路沿いに「きれいな団地 地域と共に・工業団地発祥の地・八幡工業団地」と書かれた看板が建っている。

八幡工業団地は環状線の東西に拡がっていて,東側が“八幡工業団地”,西側が“八幡第二工業団地”というらしいが,現在では第1と第2の区別はなく 一体として運用されている模様。

工業団地は,一定区画の土地を工業用地として整備し,複数の工場などを計画的に立地させるための地域のことで,中小企業向けのもの,大企業向けのもの,大学や研究所との連携した産学協同型のものなどの種類がある。
日本における工業団地の第1号は,東京都大田区の下丸子に1934年頃に造ったものといわれ,現在では 全国には,文字通り数えきれない数の工業団地が存在する。
ここ 八幡工業団地は,1959(昭和34)年に造成されたもので,“高崎市における工業団地の発祥の地”ということだろうと推定されるが,群馬県で最初の工業団地なのかもしれない。

撮影日
2010年6月 (写真提供 H.O.さん)
碑文
きれいな団地 地域と共に
  工業団地発祥の地
      八幡工業団地

 
工業団地発祥の地
工業団地発祥の地 看板


移転先 http://840.gnpp.jp/kogyodanchi/