発祥の地bannar
大阪 ガラス発祥之地
 [おおさかがらすはっしょうのち] 


場所
大阪府大阪市北区天神橋2丁目
コメント
地下鉄・南森町駅 あるいは JR東西線・大阪天満宮駅から 南に200m。 天神橋筋商店街を南に進み, 大阪天満宮の正面西側に“えびす門”がある。
門の外に「大阪 ガラス発祥の地」と刻まれた石碑が建つ。
1979(昭和54)年 大阪硝子製品協同組合の設立30周年を記念して建立された。

日本にガラスが伝わったのは, 1549(天文18)年に フランシスコ・ザビエルが大内義隆 (戦国時代の周防の大名)に贈ったガラスの鏡や遠めがねなど ガラス製品の渡来が きっかけだとされる。
やがてヨーロッパからガラス製品が輸入されるようになり, 長崎にガラス製法が伝わって 日本でもガラスが作られるようになった。

天満に吹きガラスの職人が誕生したのは, 播磨屋(本名:久米清兵衛)が長崎へ行き ガラス製法を学んで 天満へ来て玉屋を開き, 珍しい色のガラス玉細工を始めたのが 最初で, 日本のガラス工業界は実質的に大阪が始まり言われる。

安永〜文化年間(1772-1818)には 大阪・天満は日本一のガラス製造都市となったが, 天保以降になると 次第に江戸にその地位を奪われていった。
天満のガラスは 昭和の時代まで続き, 戦後の初め頃はまだ健在であったが, その後は公害問題や産業構造の変化により衰退し, 現在は ごく限られた数のメーカー などがあるに過ぎない。

撮影日
2006年5月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
大阪・ガラス発祥之地

  大阪硝子製品協同組合
  設立三十周年記念建之
    昭和五十四年十一月一日

(裏面)
  宝暦年間(1751)
  長崎商人播磨屋清兵衛
  天満天神鳥居前ニ工場ヲ設ケ
  当時ノ玉屋ヲ開業 大阪ガラス
  商工業ノ始祖トナル

大阪・ガラス発祥之地碑
大阪・ガラス発祥之地 碑