発祥の地bannar
本邦製油発祥地
 [ほんぽうせいゆはっしょうち] 


場所
京都府乙訓郡大山崎町
コメント
JR京都線の山崎駅南に隣接して「離宮八幡宮(りきゅうはちまんぐう)」がある。
神社の拝殿前に「河陽離宮故址」という石碑とならんで「本邦製油発祥地」の碑が建っている。

離宮八幡宮の創建は古く, 今から1000年以上も前, 西暦859年の清和天皇の時代に, 九州・宇佐八幡宮から勧請して この地に鎮座したもの。淀川を挟んで対岸の 石清水八幡宮の元社にあたるという。
この場所は 元・嵯峨天皇の離宮(河陽離宮)であったため「離宮八幡宮」と呼ばれるようになった。

平安時代の末期に この神社で 「長木(ながき)」と呼ばれるという道具(搾油器)が発明され,日本ではじめて荏胡麻油の搾油が行われた。
(ちなみに 荏胡麻(えごま)は 胡麻ではなくシソ科の植物で, 現在も「しそ油」として食用油として販売されている。)
最初は 神社の燈明のための油の生産であったが, やがて 油は 一般の照明用としても利用されるようになった。
格式ある神社に燈油を奉納することは神事とされたため, 時代ごとに 朝廷や幕府から手厚い保護を受け, 油の生産・販売の特権を与えられた。山崎には「油座」(組合)の制度が敷かれ, 離宮八幡宮は油の販売権を独占して栄えた。

現在も社殿の右に, 油壺を持つ神人の像(油祖像)があり,「油の神様」であることを示している。また 全国の油脂製造販売業者を中心に「油祖離宮八幡宮崇敬会」が設けられ, 例年4月には日使頭祭(ひのとうさい)という 油座ゆかりの祭が行われている。

なお,新潟県柏崎市には「日本の製油発祥地」という場所があるが,大山崎町は植物油の製油,柏崎市は鉱物油の製油技術の発祥を示している。

撮影日
2006年10月
碑文
本邦製油発祥地

  皇紀二千六百年十一月吉辰

 
本邦製油発祥地碑 離宮八幡宮
本邦製油発祥地 碑
離宮八幡宮