発祥の地bannar
水道発祥の地
 [すいどうはっしょうのち]


場所
神奈川県小田原市清水新田
コメント
小田急電鉄 螢田駅の西 500m。 狩川と仙了川の合流点近くに 写真の石碑が建つ。

この碑は 2004年に小田原市水道局により建てられたもので, 当時のいきさつなどは 碑文に書かれている。
もともとこの場所は 昭和初期に掘られた 深井戸があった所で, 現在も井戸跡が残っていて, その蓋だけが 石碑の横にみられる。
井戸は 1936(昭和11)年から 1972(昭和47)年まで 小田原市内に水道水を供給し続けた。

現地は 石碑が建ち, 井戸跡があるのみで, 他に何の説明もない。 大変 ぶっきらぼうなもので, せめて 井戸跡の由緒などを説明して ベンチの一つもあれば, 訪れる人もゆっくりできるのだが。

撮影日
2006年4月
碑文
水道発祥の地

上水道発祥の地
 小田原市の上水道は, 昭和8年3月に事業を創設し, この地 (当時の足柄村清水新田及び飯田岡)に最初の水源を求め, ここ から取水した水を小峰配水池に送水し, 昭和11年3月に給水 を開始した。創設当時における給水区域は, 旧小田原町一円(緑, 新玉, 幸及び十字)で, 計画給水人口は3万5千人, 計画一日最大 給水量は5,775立方米であった。
 わたくしたちは, この地に水源を求めるに当たって, 関係者の 多くの努力と協力があったことを後世に伝えるとともに, さら にあすの発展をもたらすことを希望するものである。
        平成16年1月吉日 小田原市水道事業

水道発祥の地碑 旧水源地井戸跡
水道発祥の地 碑
旧水源地井戸跡