発祥の地bannar
利根川第一期改修発祥の地
 [とねがわだいいっきかいしゅうはっしょうのち]

場所
千葉県香取郡東庄町笹川
コメント
JR成田線下総橘駅から北西に2.5km。
利根川に架かる橋を川下から“銚子大橋”“利根かもめ大橋”と数えて3番目が“利根川大橋”。 ここから堤防に沿って更に1.5km上流に“利根コジュリン公園”がある。
公園のほぼ中央部の堤防上に 「利根川第一期改修発祥の地」と書かれた おむすび型の石碑と 「利根川治水百年記念モニュメント」とが並んで建っている。

「利根川第一期改修発祥の地」とはわかりにくい名称だが, いっそ「利根川の治水発祥の地」と 名づけた方がよかったのではないかと思われる。

利根川は流域面積が広く, 中〜下流になると 傾斜が緩く平野がひらけているため, 広大で肥沃な耕地を生み出した反面, 大雨のたびに洪水に見舞われるという問題を抱えていた。 特に明治18年〜29年の洪水被害は大きく, このため 河口から200kmにおよぶ大規模な改修計画が立てられた。
工事規模が大きいため 人員的・資金的な制約から, 工事は3期に分けて実施された。
   第1期:1900(明治33)年〜1909(同42)年 利根川河口〜佐原間 42km
   第2期:1907(明治40)年〜1930(昭和5)年 佐原〜取手間 52km
   第3期:1909(明治42)年〜1930昭和5年 取手〜芝根間 110km
第1期工事は この地と現在の佐原市とで着工されたことにより, 発祥地として碑が建てられた。

さらに 1939(昭和14)年からは 追加の工事なども行われたが, 1947(昭和22)年のキャサリン台風で 堤防が決壊。洪水は東京の江戸川区・葛飾区まで及ぶなど 大きな被害が出た。 このため 1949(昭和24)年から 新たな利根川治水計画が進められ, 総合的な治水対策が行われた。

碑が建っている“利根川コジュリン公園”は 利根川の河川敷に作られた自然公園で, コジュリン(ホオジロ科の野鳥)が繁殖する 国内でも数少ないスポット。

撮影日
2008年4月
碑文
利根川第一期改修 発祥の地
    東庄町長 岩田利雄

  記念碑建立の趣意書
利根川の本格的な治水工事は,明治三三年(西暦1900年) 第一期改修工事として佐原〜河口間で着手された。同年, 築堤工事が大倉村 (現佐原市)地先で, 浚渫工事が笹川村(現東庄町)のこの地で起工された。
 起工初年度の浚渫工事は, 内務省第一土木監督署笹川工営所が担当した。 工事は, 人力掘削で浚渫船作業が併用され, 浚渫された土砂は合わせて 約二〇万八千立米であった。
 爾来, 利根川下流でおこなわれた浚渫土砂は築堤にも用いられたが, 大部分の土砂は周辺の湿地, 沼沢等の埋立てに利用された。
こうして利根川下流改修事業は, 洪水防御と共に土地造成を行うという 一挙両得の効果を挙げた。
 ここに, 当地先における利根川改修事業の着手を永遠に伝承するため 「利根川第一期改修発祥の地」の石碑を建立する。
   平成一二年(西暦2000年)十月 建立

利根川第一期改修発祥の地碑 コジュリン公園記念碑
利根川第一期改修 発祥の地 碑
 
利根川治水百年記念モニュメント
(コジュリン公園)