発祥の地bannar
宇部炭田発祥の地
 [うべたんでんはっしょうのち] 


場所
山口県宇部市野中3丁目
コメント
JR宇部線の常盤駅から北西に1kmほどのところに 宇部市営の常盤公園がある。 園内の 常盤池と“石炭記念館”の間に「坑夫」と題された彫刻(男性の胸像)がある。 これが「宇部炭田発祥の地」碑である。

宇部は 石炭の町だった。
宇部の石炭採掘の歴史は古く, 江戸時代初期にまで遡る。最初は 小規模な露天掘り だったものが, 明治になって より海岸近くに移り, 地下の坑道から掘りあげる ように変わった。
第一次世界大戦の特需により 石炭産業は活況を呈し 人口も急増した。 昭和に入ると, 炭鉱を中心に セメント・石炭化学などの企業が興され, 昭和17年 石炭・セメント・化学・機械関連の4社が合併して 宇部興産となった。
昭和30年代以降 エネルギー革命によって 石炭産業が斜陽化する中で, 宇部は早くから工業都市への転換を図り, 1967(昭和42)年までに 市内の炭鉱はすべて閉山し, 九州や北海道より早く“脱石炭”のリストラを果たした。

常盤公園にある大きな池(常盤湖)は 江戸時代に 石炭採掘の現場だったが, 採炭量の減少により 元禄年間に潅漑用の貯水池に変わった。
近年になって 炭田の遺構が発見され, ここが宇部における最初の採炭場所とわかり, 1991(平成3)年「宇部炭田発祥の地」の碑が建立された。
なお, 常盤公園にある「石炭記念館」には 竪抗の櫓(写真下右)があるが, これは 宇部興産の東見初炭坑で実際に使われていたものを移設して 展望台としたもの。

撮影日
2005年11月
碑文
宇部炭田発祥の地記念碑

 元禄の昔に築造されたこの常盤湖 の湖底には今も炭鉱の遺構が残って います
 明治 大正時代に発展を続けた炭 鉱は昭和15年80数坑にのぼる隆 盛を極めこの間数かずの産業を興し て一寒村であった宇部を近代都市へ と導きました その炭鉱も昭和30年代 のエネルギー革命により逐にす べて閉山の已むなきに至りました
 石炭によって培われた緑と花と彫刻 に彩られた文化産業都市に発展した 宇部は今市制70周年を迎え新しい 時代に進もうとしています
 これを機に宇部炭田発祥の地を記 念して荻原守衛作「坑夫」像を建立 し宇部が炭鉱の町であった証とその 功績を後世に伝え併せて炭鉱を支え た多くの先達と之に殉じた人びとに 深い感謝を捧げます
  平成3年11月
      宇部市
      宇部炭鉱発祥の地記念碑建立の会

(彫刻) 坑夫
     荻原守衛


この像は企業112社と個人
883人におよぶ炭鉱関係
者と一般市民の募金によって
市制70周年記念の証として
建立されたものであります

  (碑文読み取りにくいため かなりあてずっぽう)

宇部炭田発祥の地碑 展望台になった竪抗櫓
宇部炭田発祥の地 碑
展望台になった竪抗櫓